パソコンを廃棄するときに気を付けたい法律とは?

スマホに押されているとはいえ、パソコンは家庭や仕事でも身近な存在です。

でも長く使っていると、データの読み込みが遅くなったり、フリーズが頻繁に起こったり、作業中度々ブルースクリーンになる、HDDからイオンが聞こえるようになった、またはOSのサポート期間が終了したなどで買い替えを判断しなければならなくなります。

ここで厄介なのは今まで使ってきたパソコンをどうやって処分するかということです。

パソコンは燃えないゴミとして廃棄することは禁じられており、テレビや冷蔵庫、エアコン、洗濯機のようにリサイクルを法律によって義務付けられているからです。

実はリサイクル法は様々な種類があり、

・容器包装リサイクル法

・家電リサイクル法

・自動車リサイクル法

・食品リサイクル法

・建設リサイクル法

等がありますが、パソコンは「小型家電リサイクル法」と「パソコンリサイクル法」の2つの法律の対象品目となりますが、実際にはほとんどの自治体がパソコンリサイクル法によって運用しています。

パソコンリサイクル法の正式名称は「資源の有効な利用の促進に関する法律」といいまして、パソコンの再販(リユース)、部品の再利用(リサイクル)を製造メーカーに義務付けています。

具体的な対象機器は

・ノートパソコン

・デスクトップパソコン

・液晶ディスプレイ

・液晶ディスプレイ一体型パソコン

・ブラウン管モニター

・ブラウン管モニター一体型パソコン

になります。

このため各製造メーカーは、法律が施行された2003年の10月以降に販売された製品にはPCリサイクルマークを貼付し、このマークが貼られたパソコンについては無料回収することとしました。

但しご注意いただきたいのは、PCリサイクルマークはどの製造メーカーでもすべてのパソコンに添付しているわけではありません。

またパソコン内のデータの消去については法律により義務付けているわけではありませんので、個々のパソコンユーザーが対応しなければいけません。

再資源化の義務を製造メーカーに課しているとはいえ、パソコンはゴミとして廃棄することはできませんので、PCリサイクルマークの貼付されているものは各製造メーカーへ依頼するという方法があります。

でも家族の写真や仕事のデータなど個人情報がいっぱいつまっているので、メーカーとはいえそのまま廃棄処分を依頼するのは心配という方は、データ消去をしっかりやっておくことをお勧めします。

PCリサイクルZEROは3月31日まで無料回収+無料データ消去+送料無料(着払い)の期間限定キャンペーンを開催しております。

使わなくなったパソコンの廃棄についてどんなご相談も構いませんので、気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら